note

シルクフラワー(造花)

シルクフラワー(造花)

特徴:
シルクフラワーとは化学繊維を原料に花そっくりに似せて作ったお花のことです。

外観を忠実に再現する為に花びらや葉の表面にコーティング加工を施したものや、ウレタン樹脂を固めて忠実に再現された葉もの。
蕾みや実、バラのトゲまでもがそっくりに再現され、離れて見ると生花か造花かわからないほど再現率の高い質の良いシルクフラワーもあります。

その反面、造花だと一目でわかる芸術性の高いものもあります。
例えば..黒い色のバラ(花)。銀色や金色の花や葉もの。ラメを施しキラキラ光る造花。葉や茎が花と同じ1色だけのものなど様々です。

忠実に再現されたシルクフラワーに対し、このような芸術性の高いアートフラワーが存在し、再現率の高いシルクフラワーも時にはアーティフィシャルフラワーと呼ばれ、ショーウインドーを華やかに飾る花材としてモジュフラワーではどちらも良く扱います。

写真のお花は..
グラミスキャッスル(イングリッシュローズ)という品種のバラを忠実に再現したもので、イングリッシュローズをこの世に生み出したデビット・オースチン氏監修によるアーティフィシャルフラワー(シルクフラワー)です。
サイズは花径が12cm、大きめです。

モジュフラワーではウエディングブーケの花材としてシルクフラワーを扱う事が多く、保存可能な事もあり、前もってブーケを手作りされたい花嫁さまに人気があります。
お2人でブーケとブートニアを手作りされるのも良いかと思います。

品質の良いチューリップのシルクフラワーがメインのキャスケードブーケの写真です。
ウェディングブーケ(click!)

※ オーダメイドにてシルクフラワーを使用したアレンジメントの制作も承っております。
フラワーギフトやディスプレーなどにご利用ください。

© moju flower.

close  

チェック
note
シルクフラワー(造花)